マッキーとマッサン二人の視点から、工房や家具のこと、日々のあわを綴った勝手気ままなブログです。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新商品のキャビネット〜箱物に対する自分勝手な考察〜 | main | 新年明けましておめでとうございます!! >>
電話台の製作〜箱物デザイン、一つの提案〜

キャビネットの製作後、部材だけは一緒に作っていた

自宅用の電話台を組み立てました。

 

キャビネットと電話台

 

写真左側の電話台はあり合わせの材料で製作しましたが

実際はウォルナット、Bチェリー、メープルで製作いたします。

(その他の樹種でも対応できる場合がありますので、御相談下さい。)

W40cm×D34cm×H56cmでウォルナットで製作した場合

価格は74000円(税別)です。

樹種や仕様の変更で価格は変わりますので御相談下さい。

 

引き手とつまみ

 

今回の抽斗はクラシカルな雰囲気の、少し大きめな引き手にしてみました。

扉のつまみは引き手とのバランスを考えてシンプルなデザインに。

 

引き手やつまみは価格内で自由に作ることができます。

ただ、あまりに複雑な物や極端に大きい物等は

別途見積りさせて頂く事もあるので御相談下さい。

 

背面の仕様

 

背面は側面同様に製作しているので、

例えばリビング中央にあるソファーの横等にも背面を気にせず

配置する事ができます。

また、うちの場合はパソコンのルーター等を収納したかったので

配線用の穴を背面に空けました。穴あけも価格内で行います。

 

壁際に置くので背面はベニヤ板で十分というお客様は

若干お安くできるので御相談下さい。

 

 

数多(あまた)ある箱物家具は前回も書きましたが

ほとんどが板ざしと框組の二つに分類されるのですが

今回製作したキャビネットと電話台はそのどちらでもないのでは? 

と個人的には思っています。

 

側面を縦板張りにする事で板ざしよりも軽く、

框組よりもシンプルにデザインされたフォルム(個人的見解)。

様々な課題(価格を除いた)がクリアできた良品だと自負はしていますが

如何せん、デザインや構造の特性上どうしても脚が箱の四隅にくるので

脚を箱の内側に配した物や、前からみた時に側板を薄く見せたい等の場合は

従来通りの製作法が適しているかもしれません。

 

MINTAKA CRAFTの商品はどれもシンプルですが

「あまり他では見られない様なモノ」を目指し製作しています。

 

気になる方はMINTAKA CRAFT(←クリックでHPにジャンプ)のHPまで

アクセスして頂けると嬉しいです。

 

COMMENT