マッキーとマッサン二人の視点から、工房や家具のこと、日々のあわを綴った勝手気ままなブログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旧中山道を行く 高崎〜横川完歩の記録 松井田編

地下道を通り、松井田市街に入る手前の道端にベンチがあったので

お昼休憩を取る事にしました。

歩いているときは気がつきませんでしたが

少し日が隠れ、肌寒い陽気になっていました。

 

体も冷えてきたので休憩もそこそこに歩きだします。

 

良く利用する、ホームセンターやスーパーの看板を横目に歩を進めていきます。

 

松井田宿

途中休憩所の様な所があったので立ち寄ってみると

松井田宿の案内板がありました。

 

 

初めて通る旧中山道

国道との合流手前で旧道へと道を変えます。

ここから先も歩いた事がない道です。

 

線路沿いの旧道と妙義山

しばらく歩を進めると、沿線沿いにでました。

妙義山がとてもきれいです。

 

五料を通り過ぎ、踏切を渡ると坂が待っていました。

30キロ近く歩いてきた脚には結構こたえましたが

ゴールも近いので気力で乗り切ります。

 

 

 

夜泣き地蔵と茶釜石

坂を登りきったあたりの 夜泣き地蔵。

首がもげた地蔵さまがなんだか怪しげです。

 

しばらく進むと、国道18号が眼下に見えました。

 

碓井神社

碓井神社を横目に近くの踏切を渡るとそこは良く知る国道18号。

いつもお世話になっているロー○ンが見えたので一目散で駆け込みました。

ビールと酎ハイを買い、数キロ先の自宅へと帰りました。

 

とても疲れましたが、6時間程で到着する事が出来ました。

 

今回思った事。

歩く速度でしか見えないもの、感じられないものもあるんだなと。

 

あと、自分の筋力の不甲斐無さ。

 

春からの登山シーズンへ向けて

もう少し鍛えねばとあらためて思った次第です。

 

 

 

 

 

 

 

旧中山道を行く 高崎〜横川完歩の記録 安中編

板鼻地区に入り、安中道中の始まりです。

 

板鼻堰水路の近くを歩く。

板鼻堰水路

水は澄み、風情のある風景に心洗われます。

 

しばらく進むと鷹巣橋に到着。

鷹巣橋から妙義山

妙義山がだいぶ近づいてきました。

 

 

18号から鹿岳

安中の市街に差し掛かる手前で南方の山並みを見ると

南牧村の方にある鹿岳(かなだけ)が垣間見えました。

ピーナッツを地面に刺したような独特の形をしています。

 

安中の市街地を抜けると安中杉並木が現れます。

 

安中杉並木

現存する杉の大木は数えるほどしかありませんが

新しい杉も植えられているようで

何十年かするとまた、安中杉並木が復活するかもしれません。

 

杉の切株

残った切株の直径で、かつての大木をうかがい知ることが出来ます。

 

杉並木を過ぎると、かなり妙義山が近づいてきました。

 

妙義山近づく

 

視点を移すと、浅間隠し山(?)らしき山が遠くに望めました。

真ん中の三角形に尖がっている山です。

浅間隠し?

 

 

日枝神社

日枝神社、自生寺を過ぎ18号と旧道が交わるところにある

コンビニ近くの坂道を下っていくと……

 

18号をくぐるトンネル

18号下にある、地下道に出ます。

ここをくぐると、いよいよ松井田宿へと近づいていきます。

 

第三部 松井田編へと続く……

 

 

旧中山道を行く 高崎〜横川完歩の記録 高崎編

昨日、長年温めていた旧中山道を歩く計画を実行に移しました!

だいぶ長いので、高崎編、安中編、松井田編の三部構成にしますので

宜しくお願いします。

 

朝6時41分に高崎駅に到着し、そこから街道歩きの始まりです。

高崎駅ダルマの壁画

高崎駅のダルマの壁画、昔と場所が変わった様な気がするけど

どうなんでしょう?

 

高崎出発6時45分くらい

遊歩道を降り振り返ると、高崎駅の時計は朝6時49分頃を指していました。

 

西口大通りを北上した後に西に進路をとると、ここからは未知の世界。

高崎で生まれ育った私も通るのは初めての場所です。

 

寺2

寺1

高崎の中心部にもかかわらず、かなりの住宅街でしたが、

時折、上の様なお寺なども点在し、風情のある街並みでした。

 

そんな中、しばらく歩くと、見慣れた建物が建っていました。

パークレーン

若い頃お世話になった、ボーリング場です。

裏通りから来るのは初めてだったのですが、大体の位置関係が

分かってきました。

君が代橋が近づいてきています。

 

歩き始めて約45分。

烏川に架かる、君が代橋に着きました。

君が代橋付近

国道17号、18号、354号がぶつかる場所です。

 

君が代橋から榛名山

君が代橋上から。朝日に照らされた榛名山系がとてもきれいです。

 

国道からの白衣観音

高崎のシンボル、白衣観音も見えました。

 

歩を進めていくと、だるま作りが盛んな豊岡地区へと入ります。

 

寺3

 

上豊岡の茶屋本陣

 

若宮八幡宮、上豊岡の茶屋本陣等の名所名跡を横目に

さらに進むと、環状線と国道18号の交差点付近に差し掛かります。

しばらくは、国道脇の歩道を歩きました。

 

浅間神社鳥居

車だと気がつかない鳥居。

 

説明書き

結構由緒のある神社の様です。

 

秘密の国

我が家の通称は「お城」。

小さい頃車の中から妖しく光り輝いて見えたこの建物も

現在は営業していないようです。

 

そろそろ市境が近づいてきました。

 

第二部安中編へと続く……

 

新年明けましておめでとうございます!

今年も頑張りますので、MINTAKA CRAFTを宜しくお願い致します。

代表・盒供)夘

 

また、2月末日までの平日休みは継続中ですので

御用の際は、返信が遅れるかもしれませんが

メールでのご連絡だと助かります。

 

 

 

 

 

 

落ち着かない・・・・・・

先週の土日を利用して姪っ子に会いに行ったり

甥っ子のサッカーの試合を見たりと散々遊んだ挙句の果てに

風邪を引いてしまいました。

 

喉が痛いだけで熱は無かったので、

月・火の仕事は何とか乗り切る事が出来ましたが

楽しみにしていた山登りのために空けておいた水曜日を

休養日にあてる羽目になりました。

 

次の日の仕事のためにも何とか体調を整えなければと

布団にもぐり安静にするも、正直退屈だったので、

昔に買ったビデオを見ようと突然思い立ちました。

 

いくつか候補にあげましたが、

その中で自分が選んだのは今から30年程前の映画

「パンチライン」でした。

 

内容は、才能満ち溢れたコメディアンの卵で

医学部に通う(劇中退学になってしまう)青年と

人を笑わすことが大好きな平凡な主婦が

とあるコメディーバーで出会い……というような

ありがちなラブコメディーかと思いきや

色々な葛藤や、家族の愛など一言では語れない内容になっています。

そして、最後の落ち(パンチライン)がすごく素敵なんですよ。

最後にばらすと、主役の一人の青年はトムハンクスです。

レンタルビデオがあるかは分かりませんが

興味のある方は視聴してみて下さい。

 

今日の午後3時から仕事が入っています。

風邪はだいぶ良くなってきましたが

喉に痰が絡んだりと落ち着かない様態ですが

頑張って仕事してきまーす!!